珈琲豆の豆知識


珈琲豆の大別
珈琲豆は20数種類あると考えられています。一般的に大別して以下の3種類が多く取り上げられています。それぞれの種の中にさらに色々な珈琲豆があります。

1.アラビカ種
通常レギュラ−コーヒーとして飲まれるものです。

2.カネフォラ種
苦味が強く独特の臭いがあり、病虫害にも強いものです。アラビカ種に混合して飲まれる場合が多いです

3.リベリカ種
生産量も少なく極一部で飲まれています。

珈琲の産地
南北緯度25度の間をコーヒーベルトと呼び殆どがこの地域で生産されています。

珈琲の保存法
最適な保存法は、密閉された容器に入れ冷凍保存をお薦めします。豆で2ヶ月、粉で1ヶ月は美味しく飲めます。密閉容器が無ければ購入された袋をそのままで冷凍保存されても結構です。必要量だけ出して後はまた冷凍保存します。常温ですと粉で2、3日、豆で2週間程度です。
珈琲の選び方
基本的にコーヒーを選ぶ場合大事なことは、産地、農園、収穫年度がはっきりしていることです。収穫年度はニュークロップ(新豆:当年度産の豆)をお薦めします。後はグレード等となります。購入される時はこういうことを確認の上購入されることをお薦めします。




Copyright©EPOCH All Rights Reserved.